キッズコーナー・子供の遊び場の集客効果について調べてみました。

ターフユニットキッズコーナーDランク以上は防炎抗菌商品です

今では小規模の商業施設でもよく見られるようになったキッズコーナーですが、カーディーラーや美容室・居酒屋に至るまで様々なところで活用頂いていますね。

では、店舗側としてはなぜ場所を作ってキッズコーナーを設置するのでしょうか。

もちろん、来店されるお客様に対してのサービスの移管ですが、直結するのはやはり売上ではないでしょうか。
今ではファミリーをターゲットとしている商売では切っても切り離せない存在になっているようです。

そでこ、キッズコーナーを導入された施設様は実際どんな恩恵があるのでしょうか。色々と調べてみました。

キッズコーナーの設置メリットについて

まず、キッズコーナーを導入する事でどのような恩恵があるのでしょうか。

●集客数の増加が見込める
本来の目的である買い物+アルファの付加価値をもたらし、集客数を上げる効果があり、ゆっくりと買い物を楽しめると言う事もあり、好評だと言う意見があります。

●客単価のアップ
来店後の滞在時間を長くすることにより、客単価をアップさせる効果があり、なにより買い物に集中できることから、更なる集客にもつながるようです。

●来店リピート率のアップ
訪問目的が増えることで一人当たりの来店回数を増加させる効果があり、子供が楽しかった!と思う事で、子供発信での集客につながる動きもあるようです。

いかがでしょうか。
良いことづくめのキッズコーナーですが、実際に使われているお客様はどのような印象なのでしょうか。

キッズコーナーはセットでも販売しています。お得にご購入いただけますよ。

キッズコーナーをよく使う親御さんの意見

キッズコーナーに対する意見を色々を確認し、色々な意見がありましたので、ベスト3をご紹介させて頂きます。

①気になる衛生面

キッズコーナーは使用年数と共に、張地素材が劣化してきます。こまめにメンテンナンスを行えればいいのですが、実際にはそこまで気を使えないと言う施設様も多いのではないでしょうか。ただ、パステルに近い明るい色ほど、汚れが目出す傾向にあり、衛生面に気をつけていても、色変わりが気になる場合もあります。そんな時は張替える事で比較的低予算で、綺麗に復活しますのでお気軽いご相談ください。

また、衛生面を気になるお客様にとっては、抗菌素材であるかどうかも重要なポイントなようです。

弊社で扱っているキッズコーナーでは防炎・抗菌素材で作られたキッズコーナーもご用意がありますので、お気軽にご相談ください。
弊社商品で言いますと、生地ランクがDランク以上が抗菌・防炎素材となります。

②まかせていいの安全面

これも使われる親御さんは気にされるポイントなようです。せっかく遊ばせているのに、そんな事を気にして遊ばせていては少し残念な気もしますね。

そこで、弊社では十分な柔軟性をもったウレタンを使用し、張り生地のダブつきをなくした、すっきりとした商品の製造を心がけています。もちろん、各職人がひとつひとつ国内でお作りしています。

安全で丈夫。そんなキッズコーナーは弊社にお任せください。

②せっかくだから大人も一緒に遊べれば最高!

以外に、子供と一緒にキッズコーナーで遊びたいと考えている親御さんはおおいようですね。たしかに、我が子の無垢な笑顔をみていると一緒に遊びたくなりますよね。

でも、そのためには広さも必要ですが、工夫しだいでは省スペースでも子供とも遊べるキッズコーナーの設置が可能です。

弊社では省スペースでも遊んでいただけるように、壁掛けの商品ライナップも充実させています。キッズコーナーの設置についてお悩みの場合はお気軽にご相談下さいね。

いかがでしたでしょうか。
キッズコーナーもご商売をされる店舗様にとっても重要な設備な1つですよね。そんな、重要設備を弊社では責任をもってお作りしております。

キッズコーナーの事はお気軽にお問い合せください。

 

キッズコーナーって必要?はい。絶対に必要です。羨まし過ぎる海外のキッズルーム事情

キッズルーム・キッズコーナー

最近は、子供が遊べるところは色々と制限されてつつありますよね。時代の変化と共に、色々な問題もありますのでしかたない所もありますが、最近では幼稚園の建設を巡って、子供の遊ぶ声は騒音かどうかの問題で裁判まで行っていると言うニュースを目にしました。

考え方は人それぞれで、苦痛に感じるものを他人が測る事ができないのが難しいところですよね。

って事で、今回は日本国内ばかりに見るのではなく、海外事情に目を向けてみました!色々と調べていくと、羨まし過ぎる!海外のキッズルーム事情が見えてきましたのでご紹介します。

シンガポールにあるナショナルライブラリーのキッズルーム!

多民族国家であるシンガポールでは、語学の教育はあたりまえ。子供がしっかりと語学を学ぶ事はあたりまえのように大切なことだと考えられています。そんな恵まれた環境であるシンガポールに、2013年に世界初の子供図書館がオープンしました。内装は好奇心を掻き立てる作りとなっていて、アニメの世界を再現したかのような作りになっています。子供のために作られたオブジェクトや考えられたレイアウトがより、より一層子供の遊び心を掻き立てるのではないでしょうか。

キッズコーナー
キッズルームを拘って作る事はともて大切です。
キッズルーム空間
キッズルームが素晴らしすぎる図書館

ストックホルム市立図書館

スウェーデン旅行で多くの人が訪れると言われている、ストックホルム市立図書館。世界遺産である「森の墓地」の設計者として知られているグンナー•アスプルンドの建築で928年に完成した図書館です。
キッズルームは子供にとっては夢の空間!北欧発の子供に大人気キャラクター「ムーミン」に出てくるキャラクターが一杯レイアウトされています。子供にとっては夢ののかたりであるキッズコーナーになっているのではないでしょうか。

ストックホルム図書館
ストックホルムのキャラクター
海外キッズコーナー
キッズコーナーは海外でも人気

シアトルセントラルライブラーのキッズルーム

アメリカシアトルにあるセントラルライブラリーはとても斬新なデザインをしています。国内ではなかなかこのようなデザインは見ることはできませんね。

キッズコーナーもとっても魅力的な設計になっていて、内装やオブジェなど、様々な工夫が行われています。外観もそうですが、やはり国内には無い規模で、キッズコーナーも設計されている感じがしますね。

セントラルライブラリー内キッズコーナー
セントラルライブラリー
セントラルライブラリー
セントライブラリー内のキッズコーナー

キッズコーナー・キッズルームに関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単に海外のキッズコーナー事情を紹介させていただきました。国内では大型施設やカーディーラーでは設置されていいますが、もっともっと子供が遊べる場所が増えれば、子供連れの御家族でも気兼ねなくお出かけできるのではないでしょうか。

子供が一生懸命遊んで、スクスク育つ!そんな循環のお手伝いをキッズルームやキッズコーナーを作りならがらお手伝いしていきたいとおもっています。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

キッズコーナーとは子供が安全に遊ぶ事を想定して作られたスペースです。

大型ショッピングモールや、カーディーラーなどお子様連れでお出かけした時に下記のようなものを見たことはありませんか?

これが、「キッズコーナー」と私が呼んでいるものです。正しい呼び名が存在しないので、「キッズスペース」や「子供の遊び場」と呼ばれる事もあります。

赤ちゃんは、目に見えるもの・聞こえるもの・触るものなど全てから多くの刺激を受けて、毎日成長しています。その成長に合わせて安心・安全に遊べる道具はもちろん、家族がリラックスして買い物を楽しんでいる時間に、一緒にリラックスして赤ちゃんが遊べる時間はとても大切ですよね。

やわらかいマットが敷かれた室内でのあそびなら、親御さんも安心して遊ばせる事ができるのではないでしょうか。お子様もあかちゃんものびのびと手足を動かす事ができ、とてもいい時間になるのではないでしょうか。

キッズコーナーだと一緒に遊ぶ事もできて、ママやパパも楽しそうに遊ぶ赤ちゃんの笑顔をみながらホッと一息できるのではないでしょうか。

ここでキッズコーナーの種類についてご紹介したいと思います。

是非、参考にしてみてくださいね!

お水は入っていなから、とっても安心。大人も楽しいボールプールのキッズコーナー

ボールプール型のキッズコーナー
ボールプール型のキッズコーナー沢山のボールで身体を沈めて楽しく遊ぼう!
半円型のボールプールキッズコーナー
半円型のボールプール! 沢山のボールとたわむれて遊ぼう!

ボールプールのキッズコーナーを見つけたら、親子で沢山のボールに沈んでみてはどうでしょう。非日常的な感覚で、お子様も大喜び間違いなしですよ♫

様々な形をしたやわらかクッションがあるキッズコーナー

 

滑り台の形をした安全なキッズコーナー
おもしろい形のキッズコーナー
おもしろクッション型のキッズコーナー

キッズコーナーにはウレタンでできた柔らかクッションが置いてあるものがあります。弊社で作る製品は飛行機の形をしていたり、滑り台だったりと楽しい仕掛けも一杯です!

見てしまうと遊びたくなる!ベーシックなキッズスペース♫

サイズも色々なベーシックシリーズのキッズコーナー
カラフルな色設定が魅力!ベーシックキッズコーナー

最もオーソドックスなキッズコーナーです。カーディーラーや大型ショッピンコーナーでよく目にしますね!オーソドックスな作りでも、弊社の製品は設計から製造まで国内・自社工場で行なっていますので、安心で遊んで頂けるしっかりとした製品です。

 

いかがでしたでしょうか。

キッズコーナーといっても、まだまだ種類も沢山ありますので積極的にこのブログで紹介していきますね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

子供が健康に元気に成長するために必要な事を考えてみました。

チャイルドコーナーキッズコーナー

子供には元気に健やかに育ってほしい。

誰でも願うことですねよ。

では、そのためにどうすればよいか・・・・保護者の皆様は特に懸命に考えられているのではないでしょうか。

昨今では子供習わせ毎の種類も多様になり、英語教室やピアノなどの学問の分野でも色々な種類が増えています。体力をつけるためには、教室のほうがよいかのかなど、、、、沢山の情報が溢れていて、周りからの情報も色々あり焦ったりする事もあるのではないでしょうか。

子供の遊び場(キッズコーナー)を長年に渡り作り続けてきた、チャイルドコーナーには想いがあります。

基本原則ですが、「子供自体には食べる眠ると同じように、たっぷりと遊ぶ事もとても大切」だと言うことです。

ある歴史学者は、「遊びは人間活動の本質である」といっています。1990年に世界中の全ての子供たちがもっている権利を守るために、国際条約として発行された「子供の権利条約」第31条では、子供が遊ぶ権利を保証するといった内容になっているくらい、遊びは子供の成長に大きな影響をあたえるものなんではないでしょうか。

子供が遊ぶ事
子供が遊ぶ環境を弊社は作り続けています。

ただ、現代の日本ではのびのび遊ばせてあげたいと思っても、実際には場所的な要因やセキュリティ要因など様々な観点から難しいのも現実です。

後援でも大きな声を出してはいけない。ボール遊びも禁止。家でも静かに過ごすようにと言わざるを得ない環境だったりと、遊びを通して子供を健やかに育てると言う観点からは、かなり遠い環境にあるものです。

子供を育てる事は、社会全体の大切な仕事であり、のびのびと育っつ環境を作る事は社会全体の大きな責任でもあると考えています。

その社会にとって必要な事を少しでも、お手伝いできる。今、遊べる環境がないなら、簡単に設置でき、かつ安全・清潔な遊べる空間を誰でも手軽に作る事ができる商品を創ろうと考え、チャイルドコーナーではキッズコーナーやキッズスペース・ボールプールなどの商品を日々研究開発し、新しい子供の遊びをクリエイトしています。

弊社は「たっぷり遊ぶ子供の環境を作る」事。

それを念頭に、皆様が利用しやすい商品(キッズコーナー・キッズスペース・ジョイントマット)を今後も作り続けて参ります。

今日みのある方は是非、商品販売ページよりご覧ください。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

キッズコーナーに絵柄をプリント
チャイルドコナーのキッズコーナーは安心・安全な製品作りに取り組んでいます。
キッズクッション桜
キッズコーナーだけでなく、様々な商品を作り続けています。

キッズコーナーは、実は「はいはいからつかまり立ちまでの赤ちゃん」に嬉しいスペース

チャイルドコーナー

まだしっかりと一人で歩けない赤ちゃんとの外出は、とても大変です。

1日かけての外出の際に、ベビーカーや抱っこのみで過ごすとなると、赤ちゃんにとって、とても苦痛な環境だと思います。

チャイルドコーナー

赤ちゃんの気持ちになってよく考えてみると、ベビーカーに乗っている間はずっと同じ姿勢で過ごし、抱っこしてもらってる間も、ほとんど同じ体勢なのです。とても窮屈ですよね。

 

でも、まだ歩けないので、土足の床ではいはいさせることはできません。

 

そこで、キッズコーナーがあると、とても助かります。

チャイルドコーナー

大きい子はもちろんですが、はいはい時期の赤ちゃんに、一番嬉しいスペースだと思います。

 

はいはいの時期は赤ちゃんによって異なりますが、おそらく6〜9ヶ月の頃。その頃は、一緒に外出して、買い物したり、用事で出かけたりすることも多くあると思います。

そんな時に、赤ちゃん用の設備が整っていると、家族連れの方も安心してゆっくり買い物することもできるし、子育ての気分転換に、立ち寄りたくなります。

 

ですが、大きい子と同じスペースだと、少し危なくて心配になったりすることもあります。大きい子は走り回るので、いくら付き添って見ていたとしても、少しヒヤヒヤしてしまうのです。

チャイルドコーナー

そこで、赤ちゃんと、少し大きい子用のスペースを別で設けると、更にお客様にとっては嬉しいと思います。

 

これからキッズコーナーを設置される方は、ぜひご検討ください。